揚げ出し豆腐をサクッとモチモチさせたら絶品でした

揚げ出し豆腐、おいしいですよねぇ。油で揚げた衣のカリカリした所感と、つゆをまとって少ししっとりしたところのコントラストが大好きです。

もちろん豆腐で作った揚げ出しも好きですが、もうちょっと食べ応えのある食感にはならないものか…、そう考えて試行錯誤を繰り返した結果、おからもちにたどり着きました。

おからもちは、水分量や片栗粉の量を変えることで食感をいろいろと調整することができます。今回はしっかりとした弾力が感じられる食感にしてみました。

衣はサクッと、中はモチモチの新しい揚げ出し豆腐をお試しください!

材料(2人分)

  • おから 100g
  • 豆乳 150ml
  • 片栗粉 60g
  • 片栗粉(まぶす用) 大さじ2
  • 大根 3cm程度
  • 万能ねぎ 適量
  • 油 大さじ3
  • A)水 100ml
  • A)和風だし 小さじ1
  • A)酒 大さじ1
  • A)しょうゆ 大さじ2
  • A)みりん 大さじ2
  • A)しょうがすりおろし 小さじ1/2
  • A)片栗粉 大さじ1
  • 水 100ml
  • 片栗粉(つゆ用) 大さじ1

作り方

(1)大根おろしを作っておく。鍋にAの材料を入れ混ぜ合わせておく(火はかけない)。
(2)ボールにおから、片栗粉を入れたら、豆乳を3回に分けて入れながらよく混ぜ合わせる。
(3)(2)を成形する。ハンバーグを作るときの要領で、両手でキャッチボールするように空気を抜きながら形を整える。最後に片栗粉をしっかりまぶしておく。
(4)フライパンに少し多めの油をいれ、中火で加熱したら(3)を入れて両面がきつね色になるまで揚げ焼きにする。
 (5)(4)と並行してAを入れた鍋を加熱する。沸騰したところで、水溶き片栗粉を加え混ぜながら加熱する。
(6)つゆが十分に温まったら先に器に注ぐ。(4)のおからもちが焼けたら器に盛り付け、薬味を添えて出来上がり。

ポイント

  • おからもちは使用するおからの水分量によって豆乳の量を変え、固さを調整してください。本レシピでは生おからを使用していますが、おからパウダーを使っても大丈夫です。混ぜたときの固さはハンバーグをこねたときの固さを目安に、調整してください。
  • 片栗粉を混ぜたものに、更に片栗粉をまぶすことに疑問を感じるかも知れませんが、外側のカリカリとした食感を作るために、一手間加えています。
  • 揚げたてのカリカリを味わえるように、先につゆを注いだ器に盛り付けるようにすると良いでしょう。

あとがき

いかがでしたか。是非、この新食感の揚げ出しを試してみてくださいね。

おからの炒り煮に続き、おからレシピ第2弾でした。実はおからもちにヒントを得て、もう一品開発が進んでいます!こちらも自信作ですので、今後の公開をご期待ください!

おからの炒り煮
常備菜としても優秀なおからの炒り煮で、食卓にもう一品いかがですか。

よろしければ炒り煮も見てくださいね。

それでは~

ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク