3種のうま味でやみつき!和風パスタ

簡単なのに、味の複雑さ、バランスが絶妙で何度も食べたくなってしまう我が家の定番パスタです。

塩昆布のグルタミン酸、かつおだしのイノシン酸、しいたけのグアニル酸の3種類のうま味成分と、梅干、大葉、小口ねぎの香りが絡まり、たまりませんよ!

材料(1人分)

  • パスタ 100g
  • しいたけ 小2個
  • 梅干 1個
  • 塩昆布 4g(一つまみ)
  • 小口ねぎ 一つまみ
  • 大葉 3枚
  • かつおだし(顆粒) 小さじ1/2
  • オリーブ油 大さじ2

作り方

(1)なべにお湯を沸かしながら、しいたけは薄切り、梅干は種を除いてみじん切り、大葉はせん切りにしておく。
(2)沸騰したお湯でパスタをゆでる。茹で上がりまで残り3分程度になったら、フライパンに油をひいてしいたけを炒める。
(3)しいたけに焼き色が入り香りが立ち始めたら、梅干を入れて炒める。
(4)パスタは軽く芯が残っている程度がベスト。茹で上がったら、湯切りしてフライパンへ投入し、麺に油を絡ませるようにすばやく混ぜる。
(5)最後に塩昆布、かつおだしを入れ、軽く和えたら皿に盛り付け、小口ねぎ大葉を飾り付けて完成。

ポイント

  • 梅干、塩昆布、かつおだしの塩分があるので、和えて塩をプラスする必要はありません。我が家では減塩の梅干を使うことが多いので、大き目の梅干を使っていますが、しょっぱい梅干を使う場合は量を調整してください。
  • オリーブ油がソースの役割を果たしますので、パスタ全体に絡むよう多めに使いましょう。
  • パスタはディ・チェコNo.11(1.6mm)を使用しています。
ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク