平日夜に牛スジカレーを煮てはいけない

先日、仕事帰りに近所のスーパーによったところ、珍しく牛スジが売っていることに気づきました。牛スジって欲しいときになぜかスーパーにないくせに、忘れたころにふと何食わぬ顔で陳列されていることってないですか?その日はまだ週の半ば、あまり時間のかかる料理は避けたかったのですが、牛スジカレーにしたい気持ちには逆らえませんでした(笑)。

さて、本当は何回か煮こぼして灰汁を出すことが必要な牛スジですが、茹でる前にぬるま湯でよく洗うことで、煮こぼす回数を減らすことが可能です。

時短の工夫で無事、平日夜に牛スジカレーにありつくことが出来ましたが、それでもやはりいつも以上に時間がかかりましたorz

やっぱり平日に見かける牛スジは、悪魔の誘惑です。

材料(8人分・8皿分)

  • 牛スジ 150g
  • たまねぎ 2個
  • にんじん 2個
  • 砂糖 小さじ2
  • ローリエ 1枚
  • しょうが 2枚
  • 長ネギの緑の部分 1本分
  • 水 1ℓ
  • 酒 50ml×2
  • カレールー 1箱

作り方

(1)牛スジは40度程度のぬるま湯でよく洗う。3~4回ほどお湯を交換して肉についた血を洗い流すとよい。この作業をすることで灰汁が減り、その後の調理が楽になる。
(2)沸騰したお湯(分量外)に牛スジ、酒50mlを入れ15分ほど煮る。再沸騰するとすぐに灰汁が出るので取り除く。
(3)牛スジを流水できれいに洗う。別のなべに水を沸騰させる。
(4)沸騰したら牛スジ、ねぎ、しょうが、酒50mlを入れ、30分程度煮込む。
(5)牛スジを煮ている間、たまねぎを炒める。しんなりしてから、更にある程度炒めたところで砂糖を加え、焦げ付かないよう注意しながら、5分ほど炒める。
(6)(4)に炒めたたまねぎとローリエを加え、更に30分ほど煮込む。
(7)にんじんを加える。10分程度煮込み、にんじんに火が通ったらしょうが、ローリエを取り除き、カレーのルーを入れ、ルーを溶かす。ルーが溶けて軽く沸騰してくれば完成。

ポイント

  • もちろん、たまねぎを飴色になるまで炒めてもOKですが、砂糖を加えて炒めることで少し作業時間を短縮しています。
  • 牛スジは煮込む前に、事前によく洗っておくことで、煮こぼしする回数が減り、同時にたまねぎを煮込むことができます。たまねぎがスープに溶け込むことでカレーに深みが生まれます。
  • じゃがいもを入れたい場合は(7)のにんじんを入れるタイミングで入れてください。我が家ではじゃがいもが溶けて食感が悪くなることが嫌なので入れていませんが、欲しい場合は別に蒸したジャガイモなどを盛り付けに加えてもいいと思います。

あとがき

いかがでしたか。牛スジのうま味やとろみがスープに良く溶け込み、1日目だというのにすでに完成されたカレーを食べることができるのであれば、ちょっとした煮込み時間なんて気になりませんよね!

次に会えたときは何の料理にしてやろうか、今から構想を練っておかねば。

それでは~

ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク