白菜買ったらこれを作ろう!「白菜のクリーム煮」が最強すぎる!

少しずつ涼しくなり、夕方になると上着が欲しくなる陽気になってきました。スーパーでも白菜が安く出てくるようになり、鍋や温かいスープが美味しい季節になりましたね。

今日は白菜をメインにした一品をご紹介します。白菜と言えば煮込み料理が定番!煮込むことでトロトロとした食感になり、スープに甘さが染み出るのでこの季節の汁物には欠かせない野菜です。

白菜にはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは風邪予防に効果的な成分ですので、季節の変わり目で体調を崩しがちなこの季節は、積極的にいただきたい野菜です(ビタミンCは熱に弱いので、浅漬けやサラダなどがベストです)。

また、白菜には熱を冷ます作用があります。そのため、もし体調を崩して熱を出してしまうことがあれば、煮込んだ白菜料理を食べるのがオススメ。体力や免疫力を高める効果も期待できるので、白菜料理のレパートリーがあるとお役に立ちますよ!

さて今日は白菜の魅力を最大限に引き出したクリーム煮をご紹介します。正直、白菜を美味しく食べるための最強レシピだと思っています(笑)。甘くトロトロな白菜は牛乳ベースのスープと合性抜群!隠し味のチーズでコクをプラスしているので、シチューよりも濃厚な仕上がりです。

作るのだって超簡単ですので、気軽に温かいものに癒されたいときに是非お試しください。

材料(2~3人分)

  • 鶏もも肉 1枚(250g)
  • 白菜 1/4個
  • たまねぎ 1/4個
  • にんじん 1/3個
  • しめじ 1/2パック
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 油 大さじ1/2
  • 薄力粉 大さじ2
  • 牛乳 400ml
  • バター 10g
  • コンソメ 小さじ2
  • ピザ用チーズ 30g

作り方

(1)白菜は3cm四方、にんじんは半月切り、たまねぎは薄切りにする。しめじ根元を切って小房に分ける。

(2)鶏肉は一口サイズにカットして、塩こしょうで下味をつける。

(2)フライパンに油をひき、鶏肉を両面焼く。
(3)続いて白菜の芯、にんじん、たまねぎを加えて炒める。
(4)野菜がしんなりしたところで、薄力粉を振り入れて混ぜ炒める。
(5)続いて牛乳を入れていく。混ぜながら2~3回に分けて加える。牛乳を全て入れたらコンソメ、バターも加えよく混ぜる。
(6)白菜の葉を入れていく。最初は写真のようにフライパンを覆うように入れてしまう。しばらく加熱してしんなりしてきたら全体をよく混ぜる。

(7)最後にピザ用チーズを加えて全体を混ぜ、塩こしょうで味を調えて完成。

ポイント

  • ピザ用チーズが隠し味です。スープに濃くととろみがプラスされます。

あとがき

いかがでしたか。白菜は10月を過ぎて寒くなると、より甘みを増すと言われています。これからますます美味しくなる白菜ですから、いろんな活用方法を知りたいですよね。

当サイトでも美味しい白菜レシピを、どんどんご紹介してきますよ!お楽しみに!

それでは~