憎らしほど食欲を掻き立てる!これがうちの「イカ焼き」だーっ!

今日のレシピは屋台風の「イカ焼き」です!焦げた醤油の香りに引き寄せられて、夏祭りでついつい食べてしまうあれです!

イカ焼きに使われるスルメイカは、日本で一番漁獲量の多い種類で、5月~9月ごろが旬になります。まさに夏祭りで見かける時期が旬になるんですね。

焼くとぷっくりと膨らみ、タレを纏いツヤツヤと輝きます。この見た目も食欲を掻き立てる憎いポイントです。また、エンペラー、胴体、足でそれぞれ異なる食感を楽しめることも、イカ焼きのうれしいポイントだと思います。

さて、この屋台風イカ焼きを、ご自宅で簡単に作ってしまいましょう。スーパーではイカの下処理をしてくれるところも多いので、作り方はさらに簡単になります。

焼きたてのイカ焼きと、よく冷やしたビールがあれば最高のひと時を味わえること間違いなしです!今晩あたりイカがですか(笑)。

材料(2人分)

  • イカ 2杯
  • マヨネーズ お好みで
  • 七味唐辛子 お好みで

イカ焼きのタレ

  • 醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • しょうがすりおろし 小さじ1/2
  • にんにくすりおろし 小さじ1/2

作り方

(1)イカは足を引き抜き、ワタや目・口を取り除く。イカの胴体には切れ目を数本入れておく。水道水でよく洗ったら、キッチンペーパーなどで水気をよく拭き取っておく。
(2)保存用ビニール袋に<イカ焼きのタレ>を合わせる。(1)のイカを入れて、空気を抜くように口を閉じたら、15分程度冷蔵庫で休ませる。
(3)フライパンに油をひき、汁気をきったイカを中火で焼いていく。両面焼いてイカがふっくらしてきたら残りのタレを加える。
(4)タレを煮詰めていく。とろみがつき醤油の香ばしさが香りだしたら火を止め、器に盛り付ける。お好みでマヨネーズや七味唐辛子をつけていただく。

ポイント

  • タレに少し漬け込むことで、イカの臭みが抜けるとともに、焼いたときにふっくらと仕上がります。

あとがき

イカがでしたか。湯気が立つ焼きたてを撮影していたら、ビジュアルが良すぎて写真を撮りすぎてしまいました(笑)。

食べるときはエンペラーから食べようか、足から食べようか迷ってしまいますね。

旬のうちに是非お試しください!

それでは~

ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク