食感の五重奏!食べるごとに楽しい「鶏肉のカシューナッツ炒め」

今日のレシピは中華料理店でよく見るメニュー「鶏肉のカシューナッツ炒め」です!

本格中華のイメージがありますが、フライパン一つで簡単に作れるレシピです!多めに作って、お弁当のおかずとしても活躍してくれますよ~。

最大の特徴は何と言っても「食感」ですね。カリッとしたカシューナッツは最高に美味しいですが、他にも鶏肉のプリッとした食感に野菜それぞれの食感が複雑に絡まることで、食べるごとに異なる印象が楽しくて、病みつきになってしまいます。

タレもオイスターソースをベースにしたシンプルなものでありながら、野菜の甘みが効いて味わい深く、ピリリと辛い唐辛子の印象も手伝い、箸が止まらなくなりますよ!

忙しい日の夕飯や、お酒のつまみに何か欲しい時など、サッと作れて、しかもメチャウマなレシピです!覚えて損はありませんよ!

材料(2~3人分)

  • 鶏もも肉 2枚
  • カシューナッツ 100g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • たけのこ 150g
  • パプリカ 1個
  • ピーマン 1個
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • 赤唐辛子(小口切り) 1本分
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 片栗粉 大さじ1
  • 油 大さじ2

調味料

  • 醤油 大さじ1と1/2
  • オイスターソース 大さじ1と1/2
  • 酒 大さじ1と1/2
  • 砂糖  小さじ2

作り方

(1)野菜は1cm角にカットする。にんにく、しょうがはつぶす。調味料をあらかじめ合わせておく。
(2)鶏肉は1.5cmに切り、塩こしょうで下味をつける。続いて片栗粉をまぶし、全体によく揉み込む。
(3)フライパンに油を中火で熱し、カシューナッツをさっと炒めて取り出す。
(4) 同じフライパンでにんにく、しょうがを弱火で炒め、香りを出す。続いて鶏肉を加え、中火でよく炒める。
(5)赤唐辛子、たけのこ、玉ねぎ、ピーマン、パプリカを順に加えて炒める。
(6)野菜に火が通ったところで、最後に合わせておいた調味料を加える。全体をよく混ぜ炒め合わせたら完成。

ポイント

  • 具材の大きさをそろえると、異なる触感のハーモニーを味わいやすくなります。
  • カシューナッツは焦げやすいので、はじめにサッと炒めておきましょう。

あとがき

いかがでしたか。ちなみにカシューナッツが木にどのようになっているかご存知ですか?

木の実だから、果実の中にたくさん集まってできるイメージがありますが、正解は下の写真のような実り方をするんです。

果実の外にぶら下がったカシューナッツ。1つの果実に1つのナッツがついているんですね。なんだか一粒一粒がとても貴重な食べ物に感じられてきますね。

ちなみに、果実部分は「カシューアップル」と呼ばれていて、食べることもできます。ジュースとしても販売されているようですが、味は結構クセがあるようですよ。いつか出会うことがあればトライしてみたいですね。

それでは~