まだ「なめたけ」買ってるの?自家製なめたけで作る「なめたけの炊き込みご飯」

朝ごはんにあるとうれしい「なめたけ」、美味しいですよね。このなめたけを、自分で超簡単に作れてしまうことをご存知でしたか?材料はエノキタケと調味料だけで、市販のものを買うのがなんだか馬鹿らしくなってしまうほど、安く作ることが出来るんですよ!

今日はこの「自家製なめたけ」を使った炊き込みご飯をご紹介します!贅沢になめたけ一瓶分を使えるのも自家製ならではのこと。エノキタケは熱を加えても、独特のシャキシャキした食感がしっかり残るので、炊き込みご飯にはもってこいの素材です!

しかも、エノキタケには内臓脂肪を減少させる「エノキタケリノール酸」という成分が入っています。これは名前の通りエノキタケにだけ含まれる成分で、最強のダイエットフードとしても知られています。安くて美味しくて健康にも役立つなんて、ステキ過ぎじゃありませんか!?

そんなエノキタケをたくさん食べられる炊き込みご飯をどうぞ!

材料(3合)

なめたけ

  • エノキタケ 1袋(200g)
  • 酒 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2

炊き込みご飯

  • 米 3合
  • なめたけ 200g
  • ツナ 1缶
  • にんじん 1/2個
  • 醤油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 和風顆粒だし 小さじ1
  • 万能ねぎ 少々

作り方

なめたけ

(1)エノキタケは根元を切り落とし、半分のサイズにカットする。
(2)鍋にエノキタケと調味料を全て加えて、軽く混ぜる。
(3)弱火で加熱する。しばらくすると調味料が沸騰し始め、エノキタケからも水分が出てぐつぐつと煮立ち始める。そのまましばらく加熱を続け、エノキタケに茶色く照りが出てきたところで火を止める。
(4)すぐに使わない分は、煮沸消毒した瓶に入れて保存する。冷蔵で1週間程度保存可能。

炊き込みご飯

(1)にんじんは3cm程度の長さで細切りにする。
(2)炊飯器に3合の米を研ぎ、規定の線まで水を張る。

(3)(ねぎ以外の)全ての材料、調味料を加えて全体をざっと混ぜ、白米と同じように普通に炊く。炊き上がったらお好みで万能ねぎなどを散らして完成。

ポイント

  • なめたけを作る際、調味料が沸騰し始めたら木ベラなどで軽く混ぜながら煮てください。エノキタケから出る水分ですぐにとろみが付きますが、しばらく加熱して照りが出るまで煮詰めると味がしっかりと入ります。
  • ツナは軽く油をきって使います。

あとがき

いかがでしたか。なめたけの作り方、笑っちゃうぐらい簡単でしたでしょう!

一度自家製を食べてしまうと、もう市販品には戻れなくなってしまいます。安くて簡単に作れてしまうのはもちろんですが、なにより無添加であることもうれしいポイントです。

また、今回はシンプルな味付けにしていますが、別のキノコを加えてみたり、昆布だしを加えてうま味を強化してみたり、しょうがや梅、柚子こしょうなど市販にはないオリジナルのアレンジをすることも出来ちゃいます。

エノキタケが安くなっていたら迷わずゲットして、「自家製なめたけ」を是非お試しください!

それでは~