アレンジは自由!うちのポークピカタ

今日も平日の夜に助かる、簡単で美味しい料理をご紹介します!イタリア出身のピカタです。

本場イタリアでは、子牛肉に小麦粉をまぶしてバターで焼いたものをピカタと呼ぶのだそうです。つまり私たちのイメージするピカタの特徴である、卵を使っていないとはちょっと驚きです。

卵を纏わせるピカタは日本で生まれたと言われています。使う肉も牛に限らず、豚や鶏を使ったりといろんなアレンジが生まれています。ソースにケチャップを使うのも日本ならではですね~

ちなみにアメリカでピカタといえばチキンピカタにレモンソースをかけていただくのが一般的なんだそうです。基はひとつの料理でも、土地や文化によって発展していくのも、料理の面白さですよね。

材料(2人分)

  • 豚ロースしょうが焼き用肉 200g
  • 卵 2個
  • パルメザンチーズ 小さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 薄力粉 少々
  • 油 大さじ1

ソース

  • 中濃ソース 大さじ3
  • ケチャップ 大さじ1
  • カレー粉 小さじ1

作り方

(1)ボールに卵を溶きほぐし、パルメザンチーズを入れて混ぜる。

(2)ソースも別の容器に混ぜておく。

(3)豚肉の両面に塩、こしょうで下味をつけたら、薄力粉を薄くはたく。 
(4)フライパンに油をひき中火で温める、豚肉を卵液につけたら焼いていく。 
(5)両面に焼き色がつくまで焼いたら、皿に盛り付け、ソースをかけて完成。

ポイント

  • ソースやケチャップでいただくのもいいですが、ソースとケチャップにカレー粉を混ぜた特製ソースでいただくと、よりいっそう美味しくいただけます。

あとがき

いかがでしたか。今回も地味に魔法の粉「カレー粉」が登場しています(笑)。

世界にいろんなレシピがあるとしても、ピカタの特徴は薄切り肉を使うことだと思います。衣と肉の一体感を楽しめる料理ですね。

お気に入りのピカタを皆さんも是非開発してみてくださいね。

それでは~