目覚めろ食欲!「ゴーヤー豚キムチ」は夏限定、ダブルパンチの旨さだ!

夏が終わってしまう前に、ゴーヤーを食べなきゃ!ということで今日はご飯がすすみ過ぎるレシピをご紹介しますよ~。

ゴーヤーの苦みに、ピリ辛の豚キムチを掛け合わせた「ゴーヤー豚キムチ」です!どちらも味がはっきりしている素材ですが、見事に共存して、新しい料理へと昇華しています。

味のポイントはコチュジャンで作るタレです。辛さだけではなく、甘みとコクがあるコチュジャンが、ゴーヤーの苦みとキムチの酸味というそれぞれの個性を、見事にまとめてくれています。

食欲がないときにも、キムチの辛さが箸がすすみ、そして夏バテに効果的なゴーヤーの成分によってみるみる元気になれる一皿です!必ず白いご飯が欲しくなっちゃいますよ!

材料(2人分)

  • ゴーヤー 1/2本
  • 豚こま肉 150g
  • キムチ 100g
  • 卵 2個
  • ごま油 小さじ2
  • A)醤油 小さじ2
  • A)酒 小さじ2
  • A)コチュジャン 小さじ2
  • A)にんにくすりおろし 小さじ1/2
  • 糸唐辛子 適量

作り方

(1)ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンで種と綿を取り除く。5mm幅程度にカットしたら、塩小さじ1/2(分量外)をふりかけ、20分程度水を出す。しんなりしたところで一度水で洗い、しっかりと水を絞っておく。
(2)Aの調味料を合わせておく。
(3)フライパンにごま油を熱し、豚こま肉を炒める。
(4)色が変わってきたら、ゴーヤーとキムチを加えてさらに炒める。

(5)ゴーヤーに透明感が出て火が通ったところで、あわせておいたAの調味料を加える。

(6)調味料が全体にまわったところで、溶いておいた卵をまわしいれる。一呼吸置いてから全体を大きく1~2回混ぜたら、卵が8割程度固まったところで火を止める。

(7)皿に盛り付け、糸唐辛子を飾って完成。

ポイント

  • 卵をいれたら出来る限り触らないようにします。一呼吸おき、卵が大きい塊で固まったところで、少し全体を和えるだけにすると、細かくならず失敗しません。

あとがき

いかがでしたか。ゴーヤーとキムチのダブルパンチ!今の季節しか食べられない一皿を、要チェックしてくださいね!

もちろんゴーヤーチャンプルーもこの季節限定です。私のレシピは素材の味わいを重視した、シンプルな味わいを楽しむレシピですので、こちらも要チェック!

シンプルな味付けが最強!ゴーヤーチャンプルー
夏バテ対策に効果の高いゴーヤーを使って、定番のゴーヤーチャンプルを作りました。シンプルな味付けにこだわることで素材の調和が活きてきます!

それでは~