夏の終わりは自分で決める。「ゴーヤーの塩ナムル」で夏を楽しめ!

夏が終わらないうちに、ゴーヤーのレシピを大放出です!今回はシンプルな副菜「ナムル」をご提案します。

ナムルといえば韓国料理の定番。いろんな野菜・山菜をサッと茹でて、調味料とごま油で和えたものです。日本のごま和えにも似ていますね。

ナムルは韓国語で「ナ(野)」+「ムル(物)」という意味で、まさに「野物(野菜)」を意味する言葉です。その名の通り、色んな野菜で応用できるのが魅力。油で和えているので、脂溶性のビタミン(ビタミンAなど)の吸収率が高まるメリットもあります。

さて、今日は夏に欠かせない栄養素が豊富なゴーヤーをナムルにしました。シンプルな味付けですが、ごま油やにんにくの香りが、ゴーヤーの苦みによく合うんです!ビールのおつまみにも最適な一皿ですよ!

材料(2人分)

  • ゴーヤー 1/2個
  • 塩 小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素 小さじ1/3
  • こしょう 少々
  • ごま油 小さじ1
  • にんにくすりおろし 小さじ1/2
  • いりごま 少々

作り方

(1)ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンで種と綿を取り除く。3~5mm幅程度にカットしたら、塩小さじ1/2(分量外)をふりかけ、20分程度水を出す。調味料はボールに合わせておく。
(2)鍋に湯を沸かす。沸騰しているところに(1)のゴーヤーを入れてサッと茹でる(20~30秒程度)。
(3)ゴーヤーをザルにあげ、氷水にさらして色止めする。水気をきってボールに移す。

(4)ゴーヤーの水気をきったら、調味料のボールに移し全体をよく和えて完成。

ポイント

  • ゴーヤーを茹ですぎると、シャキシャキした食感が失われてしまうのに加え、栄養素の多くも失われてしまいます。20~30秒程度を目安に、サッと茹でるがナムル作りの秘訣です。

あとがき

いかがでしたか。今回はゴーヤーの風味を生かすために塩での味付けでしたが、ナムルは醤油で味付けするレシピもあります。使う野菜によって、調味料もアレンジしましょう。

ゴーヤーは9月まで流通がありますから、まだ楽しむことができます。夏が終わってしまう前に、是非お試しくださいね。

それでは~

ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク