秋の雰囲気香る。風味豊かな「かぼちゃスープ」に癒される

いよいよ秋めいてきましたね。当サイトでも扱う食材が、夏のものから秋のものへと変化し始めてきました。

今日は季節を感じる一皿として、カボチャスープをご紹介します。朝夕は少し肌寒くなってきましたので、温かいスープがうれしいですよね。

今はインスタントのスープも多く出回っていますが、自分で一から作るものとは比べ物になりません。カボチャの豊かな風味や、やさしい甘さが口いっぱいに広がり、身も心も温めてくれる一品となります。

かぼちゃといえば水っぽいものを買ってしまうと残念に思うものですが、スープならその点は気にしなくて大丈夫です。お手ごろ価格のカボチャを手に入れたら、是非スープで秋を先取りしてみてくださいね。

材料(2~3人分)

  • かぼちゃ 1/4個(300g)
  • たまねぎ 1/4個
  • 水 300ml
  • コンソメ 小さじ2
  • 牛乳 400ml
  • バター 小さじ2
  • オリーブオイル 小さじ2
  • コリアンダー(あれば) 少々
  • ナツメグ(あれば) 少々
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • パセリ 少々
  • 生クリーム お好みで

作り方

(1)かぼちゃは種とワタを除いて皮を剥き、1~2㎝角程度の大きさにカットする。玉ねぎは薄切りにする。
(2)鍋にバターとオリーブオイルを中火で熱し、たまねぎを炒める。
(3)玉ねぎが透明になってきたらかぼちゃを加え、全体を軽く炒める。油がかぼちゃに回ったところで水とコンソメを加えて10分ほど煮込む
(4)かぼちゃが柔らかくなったところでFPにかける。
(5)鍋に戻したら牛乳・コリアンダー・ナツメグを加えて中火で一煮立ちさせる。最後に塩・こしょうで味を調え、器に盛り付けたら、お好みでパセリや生クリームを飾り完成。

ポイント

  • 水の量はかぼちゃがひたひたに浸かる程度。かぼちゃに火を通せるぎりぎりの量で作ります。
  • スープの濃度は牛乳で調整してください。例えば牛乳を半分の量にすると、カボチャの風味がより強く感じられるスープになります。

あとがき

いかがでしたか。普段インスタントのスープに慣れていると、自分で作ったスープがこんなにも美味しいんだということに驚かれると思います。かぼちゃの風味がしっかりと香る、至福のスープですよ。

食欲の秋というだけあって、秋は旬の食材が盛りだくさんです。日々の料理でも、どの食材を主役にするか迷ってしまいますね。この季節を存分に楽しみましょう!

それでは~

ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク