はんぺんいいぞ!食感が楽しい「はんぺんとブロッコリーの韓国風炒め」

今日は忙しい平日にうれしい、簡単レシピのご紹介です。ピリ辛なコチュジャンタレが特徴の「はんぺんとブロッコリーの韓国風炒め」です!

コチュジャンをベースとしたタレは、どんな食材にも合う万能調味料。冷蔵庫に余っている食材を、サッと炒めてタレで仕上げるだけで、美味しい「韓国風炒め」が簡単にできてしまいます。

今日は、韓国風炒めにこれまでありそうでなかった食材「はんぺん」を使ってみました。食感の違いを楽しめるブロッコリーも入れてボリュームもアップしています。

イメージしたのは韓国料理の「トッポギ」です。トッポギに使われる「トック」というお餅は、うるち米を原料にしているので、モチモチしているのに煮崩れしにくいのことが特徴です。スーパーでもあまり見かけませんし、もち米で作られている切り餅で代用しても、なかなかあのモチモチしていて、歯切れの良い食感は再現できません。

また、お米を使っているので、食べ過ぎが気になるという欠点もありますよね。確かにめちゃくちゃ美味しいんですけどね~

そこで食感は少し異なりますが、ふんわりしていて歯切れもいい「はんぺん」で代用してみました。はんぺんがタレを吸うので、サッと炒めただけでもジューシーな仕上がりで、これはこれで美味い!

ポリポリとした食感のブロッコリーも、タレが良く絡んでいい仕上がりです。忙しいけど美味しいものに癒されたい夜に、是非お試しください!

材料(2人分)

  • はんぺん(大判) 1枚
  • ブロッコリー 1房
  • いりごま 適量

コチュジャンタレ

  • コチュジャン 大さじ1
  • 醤油 大さじ1/2
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • にんにくすりおろし 小さじ1/2
  • ごま油 大さじ1

作り方

(1)ブロッコリーは食べやすい大きさの小房に分けてカットする。耐熱皿に入れ、ラップをして電子レンジ(600W・1分30秒)で軽く火を通しておく。

(2)はんぺんは1cm程度の厚さで短冊切りにする。調味料は全て合わせておく。

(3)フライパンにごま油を熱し、中火ではんぺんを焼いていく。
(4)はんぺんに焼き色がついたら、ブロッコリーを加え、軽く混ぜてブロッコリーに油を纏わせる。
(5)調味料を回し入れる。タレが全体によく絡み、ふつふつと沸騰し始めたら火を止め、皿に盛り付ける。最後にいりごまを散らして完成。

ポイント

  • はんぺんを混ぜるときに崩してしまわないように注意しましょう。混ぜるときはフライパンをあおって混ぜると、はんぺんを崩しにくいです。

あとがき

いかがでしたか。静岡出身の私にとって「はんぺん」といえば「黒はんぺん」が当たり前で、いわゆる「白はんぺん」を初めて食べたのは就職して上京してからでした。

最初はまさに未知との遭遇(笑)。恐る恐る食べてみると、臭みもなくてふわふわした食感が楽しく、「これは美味しいものだ」とようやく認識することができたのでした。

はんぺんを使うなら、やはりこの食感を生かさなきゃですね!韓国風炒めは超オススメですよ!

それでは~