簡単時短!ミョウガとの組み合わせが最強なナスの南蛮そうめん

今日は忙しい平日にオススメ、さっぱりいただけるそうめんレシピのご紹介。 季節の野菜である、ナスとミョウガを最大限に活かしつつ、レンジで簡単に調理できる南蛮漬けに絡めてはいかがでしょうか。

以前、麻婆茄子でご紹介したように、ナスは水分を保ちつつ、中まで火を通すことが美味しく食べるポイントです。本当は油通しするのが理想的ですが、そのためだけに揚げ物をするのはちょっとハードルが高いですよね。

そこで、電子レンジを活用して、簡単に火を入れておくことで、油通しと同じ効果を得ることができます!また、フライパンで炒めるよりも、ごま油の風味が残りやすく、香ばしい香りと、ミョウガの風味が見事にマッチして、さっぱりしたそうめんでも非常に満足していただける一品に仕上がります!

材料(2人分)

  • そうめん 2束
  • ナス 2本
  • ミョウガ 1株
  • 大葉 3枚
  • いりごま 適量
  • ゴマ油 大さじ2
  • A)麺つゆ 大さじ4
  • A)酢 大さじ2
  • A)砂糖 小さじ2
  • A)しょうがすりおろし 小さじ1
  • A)水 200ml

作り方

(1)ナスを縦に4等分し、ボールに入れたらごま油をかけ、全体に満遍なくまぶす。
(2)電子レンジにクッキングシートをひき、ナスを並べ、電子レンジ(500W)で5分加熱する。
(3)ミョウガ、大葉をみじん切りにする。Aの調味料をボールに合わせておく。
(4)ナスに火が通っていることを確認したら、やけどに気をつけながら更に2~3等分に手で裂いていく。裂いたものからAの調味料に漬け込む。
(5)そうめんを規定の時間茹で、冷水でしっかり締める。水気を切り皿に盛り付けたら、(4)とミョウガ、大葉、炒りごまを盛り付けて完成。

ポイント

  • 手で裂くことで、味が染みこみやすくなります。
  • 時間があるときは、(4)の状態で冷蔵庫に入れて30分ほど休ませると、味が染みこみ更においしくいただけます。

あとがき

いかがでしたか。ナスを手で裂く工程は、ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、味を染みこみやすくさせ、結果的に時短になるポイントですので、是非お試しください。

今回はレンジで加熱したものを手で裂きましたが、蒸したナスを扱うときも、同様に手で裂くことで味の染みこみ方が変わってきます。応用が利くので覚えておいてくださいね。

それでは~

ランキングバナー
ランキングへの応援が励みです!美味しそうと思っていただけたらポチッとお願いします!

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク